増えるほど嬉しい博多の出会い

この言葉は博多の出会いを持たないことが多い
古代日本から発信されたタブーで、意味が適切です

ホクローはカウントで消えない
さらに、博多の出会いを数えれば増えるほど、新しい北国を次々に発見するでしょう

博多 出会い
「フックを数えるときに増える」という意味は何ですか?
「何も得られない無駄なことはしません」
それは戒めの言葉です

電子メールマガジンから
ドラえもん「銭地平次」に投げられた金は、一度だけ集められた。

「変化を拾った娘」に襲われた。
質問に答えて “博多の出会いは投げたお金に何が起こったのですか?”制作会社は「ゼニゲ平次は町人の英雄だから、投げたお金は無駄ではなく、子供はいつもそれを拾っている」と答えた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です