出会いを今夜一人で博多で繰り返す

今夜一人で繰り返す虫の音を聞くと、波の音のように、音が近づいたり出会いたりするように感じます。
羊飼いの無限の規模。
それは認知科学の耳で聞くという幻想ですが、同じスケールを繰り返すと、出会いが少しずつ上がります。

博多 出会い

恋する小さな虫の音。

[BGM]
津波/サザンオールスターズ

海に行く

出会いの言葉はリンゴ
晩秋
子の言語は赤いボール、インドのリンゴ、国光、富士
ローズファミリー。ヨーロッパが起源です。秋の果物の代表者の一人。生産地は青森と長野で有名です。

若葉の梢あやまつりんご
(炭餅)
世界の色に染まったリンゴ
(Y謝村)
歯に輝く雪香
(渡辺瑞希)
アップルはブレードに入る機会なしに潮を吹きます
(野沢瀬戸子)
リンゴをむく無邪気な詩を生み出すために
(小沢克己)
たそがれは早い
(未知の子)
りんごが店から星空にあふれている
(橋本貴子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です