博多での小さな出会いを愛する

博多シーズンの言葉「クスンジャク」と同じタイトルの小泉八雲によるエッセイ風の短編小説があります。
夏目So石の「文鳥」の概要は似ています。小さな生活を愛する場所もあります。
博多「地獄編」と小泉八雲の「クスンジャク」は違いますが、芸術性を探求する工夫は似ています。

博多 出会い

「クスンジョク」の虫の声で「大月が降っています」という言葉を聞くと言う言葉は、小さな命とものすごい量を大事にする場所だと感じています。

博多に触れないでください

季節の言葉は草ah刈の初秋
子供の言葉は朝鐘、金雲雀
クリケット家族の昆虫。体は茶色で、長い触角があります。
草の間の明瞭な音色と雲雀のような美しい声で聞こえるので、「クスンク」と呼ばれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です