博多では終わりに近づいた出会いがありました

でも時々私は変な人なので博多
それが終わりに近づいた時がありました。
自分で仕上げようとしています
冬の東北、心的外傷の旅のように
行くから博多が美味しくても
私は私の旅行を覚えていると思います
初めて複数の長いメールを送信する
私はそこに行ったことがある。
私は営業時間中にそれを見て、吹き飛んだ。

「戻ってきたら、お土産の話を聞かせてください
お願いします。 「」
あなたがそんなに殴ったら、「私はあなたを打ち負かすことはできません。
返事をもらって翌日来店しました
私は決して開始も終了もしません。
それが私のスタンスです
お詫びするために、時計[時計]をプレゼントしてください
ありがとうございました。
値段が高す​​ぎると、後で問題になります。
手頃な価格ですがエレガントです。

博多が持っている唯一の時計

良い思い出、それを覚えている
通勤途中の田んぼ道。

金色に染められたご飯の波、
この風景を見るたびに
ナウシカのような気がします。 ←

♪らんらんらんらんらんらん〜
♪ランランララ〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です