博多では事情により出会いはやむを得ない

今。
博多のネオンではなく花火で照らされている墨田の花火は中止となりました。
天神の献身花火も中止になったそうです。
夏の伝統を盛り上げる瞬間があり、それが少ない限り、それは本当に心からのことです。
博多、流行の事情によりやむを得ない。

花火は「追悼式と悪い病気の撲滅を願っています」。
博多はこの文章について多くのことを考え、腕を組んだ。

火には鎮魂の意味があり、炎は汚れたものを燃やし、闇を照らします。
もしそうなら。
その時だけ、私たちは花火を上げて、鎮魂と疫病の絶滅を祈るべきです。
私の中では、悪霊がつぶやきました。
まあまあ。
今は信州に住んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です